税制上の優遇措置

群馬大学への寄附金は、所得税法上の寄附金控除の対象となる特定寄附金又は法人税法上の損金算入を認められる指定寄附金として、財務大臣から指定されています。

個人でご寄附をされる場合

- 所得税の優遇措置 -

当該年中の寄附金が2,000円を超えた場合は、所得の40%を限度として所得の控除が受けられます。 控除を受けるためには、確定申告を行う必要があります。

控除額=寄附金額(又は所得×40%)-2,000円
<参考:軽減額の目安> 単位:円
課税所得
金額
寄附金額
10,000 50,000 100,000 500,000 1,000,000 2,000,000 3,000,000
軽減額の目安
1,950,000 400 2,400 4,900 24,900 38,900 38,900 38,900
3,000,000 800 4,800 9,800 49,800 99,800 119,800 119,800
5,000,000 1,600 9,600 19,600 99,600 199,600 399,600 399,600
8,000,000 1,840 11,040 22,540 114,540 229,540 459,540 689,540
10,000,000 2,640 15,840 32,340 164,340 329,340 659,340 989,340
20,000,000 3,200 19,200 39,200 199,200 399,200 799,200 1,199,200

- 個人住民税の優遇措置 -

自治体の条例で、群馬大学への寄附金が控除対象として指定されている場合、寄附された翌年の1月1日に当該自治体にお住まいの方は、個人住民税(都道府県民税及び市町村民税)の税額控除が受けられます。

控除を受けるためには、確定申告を行う必要があります。

群馬大学への寄附金を条例で指定している自治体
 ・群馬県
 ・前橋市 / 高崎市 / 桐生市 / 太田市

当該年中の寄附金が2千円を超えた場合は、所得の30%を限度として控除が受けられます。

県民税   控除額=(寄附金額 - 2,000円) × 4%
市町村民税 控除額=(寄附金額 - 2,000円) × 6%

※寄附した年の翌年1月1日以前に、群馬大学への寄附金を条例指定している自治体の区域外に転居した場合は、転居先の自治体において本学への寄附金が条例指定されていなければ、寄附金税額控除の適用は受けられません。

<参考:軽減額の目安> 単位:円
課税
自治体
寄附金額
10,000 50,000 100,000 500,000 1,000,000 2,000,000 3,000,000
軽減額の目安
都道府県(4%) 320 1,920 3,920 19,920 39,920 79,920 119,920
市区町村(6%) 480 2,880 5,880 29,880 59,880 119,880 179,880

法人でご寄附をされる場合

寄附金の全額を損金に算入することができます。
(寄附額が当該事業年度に係る損金算入限度額を超える場合には、当該損金算入限度額に相当する金額)

<参考:計算方法の一例>

課税所得500万円で前橋市にお住まいの方が、10万円寄附された場合の計算方法は以下のとおりです。

○所得税の軽減

・寄附していない場合
  5,000,000円×20%(税率)―427,500円(控除額)=572,500円
 ・10万円寄附している場合
  {5,000,000円―(100,000円―2,000円)}×20%(税率)―427,500円(控除額)=552,900円
  572,500円―552,900円=19,600円(所得税の軽減額)

○個人住民税の軽減

(100,000円―2,000円)×(4%+6%)=9,800円(個人住民税の軽減額)

前橋市にお住まいの方が10万円寄附された場合、 19,600円(所得税の軽減額)+9,800円(個人住民税の軽減額)の合計29,400円が税制上の優遇措置による軽減額となります。

軽減のイメージ図

※上記はあくまでも目安です。
  実際には収入の種類、各種所得控除等により変動が生じることがあります。